今すぐにお金が必要

更新日:2017/05/26



今すぐお金を借りる方法は簡単に見つかる事でしょう。今では申し込みから審査、融資までにかかる時間が以前に比べてだいぶ短くなっています。お金を借りやすくなっていると言っても良いです。お金が借りやすくなっている為、複数の金融会社からお金を借りてしまって返済が困難に陥るケースも多々あります。

毎月の返済が遅れすぎると保証会社に債権が譲渡される可能性が出てきます。保証会社にまで行ってしまうと一括返済を余儀なくされてしまうケースがありますので注意が必要です。返済にも手間がかかってしまうのでなるべくそういった事にはならないようにしたいものです。毎月の返済が遅れてしまうとペナルティとして延滞利息や遅延損害金を言った名目で余分にお金を払わなければいけません。

当然利息も支払わなくてはいけませんので、長期間返済が遅れてしまうと元金も減らなくなってしまいます。その為、返済期間が長くなってしまって負担が大きくなってしまうのです。そうならない為にも、毎月の返済は遅れないする事がベストです。




利息の標準とは?

通常、どの金融機関や、消費者金融でもお客様がお金を借りると、それらの機関は利息を請求できます。その利息の金利に標準などはありません。なので、法外な利息になるのは問題ですが、あとはそれぞれの機関が定めています。ローンをする時は、所得証明などを取得しなくてはいけませんが、これは勤めている会社から受取る必要があります。

利息はできれば安くしたいと願ってる人がほとんどですが、なかなか安くはなりません。どうすれば利息が安くなるのかは、少しでも利息の安い、お客様重視の金融機関を探すしかないです。お客様目線で仕事をしているような金融機関のダイレクトメールであれば取得しても構わないと思っている人も多く存在します。

利息はなんといっても金融機関や、消費者金融の所得になります。彼らの社員の給料になるということです。金融機関はどこをりようするか、比較検討してから、自分の中の標準を意識して、一番いいところを見つけて下さい。




融資審査というのは相手次第

相手次第で貸す、というのが金融サービスの基本であるといえます。融資審査というのは、色々とあるわけですがまずは他から借りていないか、というのが一つの重要なポイントになることでしょう。要するに複数社からすでにお金を借りているような人にはさすがにお金は貸せない、ということです。

金銭貸借というのはそれほど大事な行為である、というのは知っておくとよいでしょう。ちなみに最近ではかなり簡単に貸してくれるところも増えています。総量規制によって厳しくなった、ということもあるのですがそれ以内であれば割と貸してくれる可能性は高いところが多く、そうした意味では非常に有難いことであるといえるでしょう。

融資審査なのですが、ダメであった場合でも数か月後、また申込みをすることはできますから、とりあえずいくつか見繕っておくとよいでしょう。借りたお金ですがその場で出せる場合もありますし、振込となることもあるでしょう。その違いはサービスの質といえます。




ポイント高還元クレジットカードポイント還元ならこの5枚

先日、友人と洋服の買い物に行きました。私も彼女もショッピングが大好きで、季節の変わり目になると必ず一緒に買い物に出かけます。会計時に私が両手に沢山の買い物袋を持ち、カバンの中から財布を取り出そうとガサゴソしていると、後ろに並んで待ちきれなくなった友人が「先に会計してもいい?」と言ってクレジットカードをさっと出し、あっという間に会計を済ませてしまったのです。なんだか、私だけトロトロしていてショップの定員さんも苦笑いでした。正直恥ずかしかったです。社会人になってクレジットカードには興味があったものの、なんだか心配で今まで手を出せなかった自分がいたんですが、今回の事で1枚くらい作っておこうかなと思いました。

やっぱり、何かあった時に1枚くらいクレジットカード持っていないと大人って感じしないですよね。「クレジットカード持ったの?」と友人に聞いたところ、利用しているクレジットカードは、ショッピングでポイントも付くらしいので買い物が大好きな私にはピッタリだそうです。しかも、ネットショッピングでもポイント還元率が高いのでそっちにもハマっちゃいそうです。ネットショッピングなら重たい荷物で両手がふさがる事もないですね(笑)溜まったポイントも自動的にキャッシュバックされるらしいので便利ですよね。「カードの作っても、使いすぎには気をつけなよ」と友人に注意されたので、限度額なども気をつけながら使いたいと思います。これからも、二人で楽しく買い物行きたいので早くカード作りたいなぁ。次に買い物行く時は、ショップの店員さんに笑われないように会計時にはスマートにカードを出したいと思います。やっぱりポイント高還元クレジッカカードがいいですかね




学生でもクレジットカードが持てるか

クレジットカードと聞くと、どんなことを連想しますか。多分、お給料が高くて、そこそこの大企業に勤めている人が持てる物、そんな風に考えていませんか。実はこれは昔の常識です。今や学生であっても、クレジットカードが持てる時代なのですから。でも、学生って経済的な後ろ盾がないのに、どうして審査が通るのとお思いでしょう。学生のためのクレジットカード選びとは何でしょう?

確かに学校に通っている人には安定収入はありませんが、親が代わりにクレジット代金を払うのです。ですから、親御さんの審査が厳しいクレジット会社もあるそうです。ですが、最近は学校に通っている人に対する審査なんて、しないのも同然です。親が子供を学校に通わせているというだけで、経済状況を判断しているようです。何しろ、片親の上にアルバイトでかすかすの生活をしている自分でさえ、クレジットカードが持てたのですから。カードが持てたことで、バイトの給料日前の生活に少し余裕が持てるようになりました。カードで買う物といえば、コンビニの食品や日用品が殆どなので、引き落とし額もそれほどではありません。

それでも、使いすぎた月は反省して、来月はカードを使うのを控えようと考えます。自分みたいな貧乏学生がカードを持つのは、身分不相応と思われがちですが、逆に若いうちからカードに慣れると計画性も、少しは出てきます。学生使いのカードで不払いなどの不都合がなければ、社会人になっても継続することができるので、大切に使っていこうと思います。




ゴールドカードを検証しました

ゴールドカードを所有するきっかけとなったのは、海外旅行でした。以前から海外旅行にはよく行っていましたが、その際にはツアーなどを利用していました。しかし、最近は、自分で航空券の予約からホテルの手配まで、全てを自分自身で行っています。 格安航空券の普及により、以前より安く海外旅行に行くことが出来るようになったことも自分で手配をするようになった理由でもあります。

しかし、格安航空券を利用する際の注意点として、乗り継ぎ時間が長時間になることがあるということがあります。場合によっては、数時間になる場合もあります。その時にゴールドカードを所有していることにより、ラウンジを利用することが出来る場合もあるのです。

この事を知り、今まで年会費が掛るということで作るのを躊躇っていましたが、ラウンジを複数回利用することと年会費を支払うことを検証した結果、年会費を払ったほうが安いという検証結果となり、入会することにしました。 年会費はもちろんのこと、利用することが出来るサービス、旅行損害保険の金額なども比較して所有するものを決めました。 おかげで今まで苦痛に感じていた乗り継ぎの待ち時間も快適に楽しむことが出来るようになりました。